忍者ブログ

ここ数年は機材やギターのメンテナンスや改造改良は、
全てうちのベーシスト平河こと満々工房にお願いしています。

今の市販品はそのほとんどがコストを抑える為に適さない部品を使っていたり、
量産の為に技術的に難しい配線や施工がなされていないのが現状だそうで、
何か買うととりあえず平河に預けるのが習慣になりつつあります。


実は以前はその手の話に対して半信半疑で、
どうせ大して変わらないだろうと思っていました。

そして実際大して変わらないんですよね、単体で見ると。
ですが、そうして改良された物を積み重ねて行くと凄く良くなっている事に気がつくんです。
つまり、いくら改良されたギターを使っていてもケーブルが悪ければ意味が無い、
といった感じで、ケーブル・アンプ・電源etcと続けて行くと、
より1つ1つの効果を感じる事が出来るのです。

そこまで行くとどこまで突き詰めれば良いのよって感じですが、
どこまで突き詰めれば良いのか想像するのも、最近は楽しくなってきてしまいました。
実際にはできないけどね。



メーカーにはもうちょっと頑張って欲しいですよね。  
最近買ったギターはリード線が途中で継ぎ足されていたりと、
なかなか酷い状態だったそうです。
そういうのはコストパフォーマンスとは言えない気がします。



そして平河君は完全に技術屋さんですよね

君は一体何処に向かっているんだい?










PR
コメントする
name
title
url
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
カテゴリー
P R
powered by 忍者ブログ [PR]